トモ人生は旅である

30歳を過ぎて独女の私は刺激が足りなくなり一人旅をするように。旅の楽しさ日常をアップします。良かったら参考にしてください。

ベルギー・パリ・ロンドン⑦

 

 

【パリ2日目】

ルーブル美術館

 

パリ2日目はルーブル美術館へ行きます。

朝一から行きます。

ルーブル美術館の入り口は何か所かあり、ネットにて穴場の入り口から

入りました。

 

ルーブル美術館入り口

↓こちら参考に。

 

1 ガラスのピラミッドの前

 

2 地下街カルーゼル・デュ・ルーヴルの
  逆さピラミッドのそば

 

3 ポルト デ リオン入り口

 

4 パッサージュ・リシュリュー

 

私は2の地下の入り口から入りました。

いろいろなサイトを見て一番並んでいないと情報を得ました。

しかしミスとして△の写真をまじかでとり忘れてしまいました。

 

地下の案内順が書かれていたので進んでみたけど迷路で分からず。

しかし、案内の人がいて進んでいくと、まさかの香取慎吾のパリ展に案内されてるじゃないか~い。

日本人だから間違えられた。

たまたま、慎吾ちゃんの展示会がやってたんだよね。

ま、ルーブルの入り口近くだったので良かったんだけどさ。

f:id:tomotrip:20190520193652j:plain

f:id:tomotrip:20190523211334j:plain

 ピラミットの下にある入り口が穴場だよ。

f:id:tomotrip:20190523213908j:plain

中に入り、オーディオガイドを貰いにいきます。

オーディオガイドを借りる時にパスポートが必要になります。

そしてパスポートは預かりになりますので要注意です。

 

私は中に入ってからオーディオガイドがあると勘違いしてどんどん例の絵へ。

あれ?オーディオガイド???

スタッフに聞いたら入り口前と、、、。

モナリザを見て戻ってオーディオガイドを借りました。

一度出てもパリミュージアムパスは中に入れました。

朝一だったので再入場もすぐ入れました。

またチェックはあるのですが問題なしです。

 

さ~TVで何度も見たあのコーナーを(角)曲がった時のテンションはMAXでした。

もう、一番前で見れた。

朝一がオススメだよ。

モナリザ

f:id:tomotrip:20190523211427j:plain

モナリザは厳重です。

絵から2メートルは近寄れないしガラスでバッチリガードされています。

サイドには警備員、後方にも警備員。

これは是非、肉眼で見て頂きたい。

3回戻って見てしまいました。

 

モナリザよりも一目ぼれしたのがサモトラケのニケでした。

ベルニーニとはちょっと違うけどなんていう力強さと魅力的な像なんだ。

そして美しい。

離れることができない。

サモトラケのニケに1時間近くは見とれてしまった。

サモトラケのニケ

f:id:tomotrip:20190523215219j:plain

f:id:tomotrip:20190523215147j:plain

f:id:tomotrip:20190523215251j:plain

こんなに大きいんだよ~朝一でニケを独り占めしたよ。

f:id:tomotrip:20190523220650j:plain

名画が沢山です。

民衆を導く自由の女神

f:id:tomotrip:20190523214121j:plain

大好きイタリア~ラファエロ。フランスでも会えた。

★美しき女庭師

f:id:tomotrip:20190523220903j:plain

★ミロのヴィーナス

f:id:tomotrip:20190523221001j:plain

f:id:tomotrip:20190523220947j:plain

f:id:tomotrip:20190523222208j:plain

f:id:tomotrip:20190523222219j:plain

f:id:tomotrip:20190523221548j:plain

ルーブル美術館はとてつもなく広いです。

是非オーディオガイドを借りてみるべき作品は見ましょう。

私は4時間滞在しましたが時間は足りませんでした。

しかし、スケジュール的に出ないと

間に合わないし、ニケなんて永遠に見れる

絵が好きな人は1日時間をさくことをオススメします。

 

続く~

 

 

ブログランキングに参加しています。

この記事を読んで参考になったよと言う人は

応援クリックをお願いします。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 干物女・喪女日記へ
にほんブログ村